勤務状況の把握に役立つタイムレコーダー

タイムレコーダーとは、おもに企業においてスタッフの勤務状況を管理するために使用される機械です。

現代では大企業から個人経営の店舗まで幅広く使われていますが、もともとは19世紀にアメリカで開発されました。

タイムレコーダーは、おもに紙製のカードを本体に差しこんでデータを記録(印字)します。



記録される情報は、日付とカードを差しこんだ時刻です。

スタッフひとりひとりにカードが用意され、自分のカードを出社または退社するときに本体に差しこむと自動的に情報が蓄積されていきます。これにより、月々の労働時間を正確に把握することができ、給料の計算がやりやすくなります。また、遅刻や欠勤の状況もわかるため、スタッフの管理や指導に役立つのです。

紙のカードに印字するタイプのものは現代でも広く使用されていますが、近年では紙のカードではなくICチップを埋めこんだプラスチックのカードを使用するタイムレコーダーもあります。

この場合、カードを差しこむ必要はなく、カードを本体にかざすだけでデータが記録されます。



出勤時間などのデータはコンピューター上に蓄積されるのです。


こうしたデータはインターネット経由で集約できるため、多くの拠点を設置している企業、またはスタッフ数が多い企業では(紙を使うタイプよりも)好まれています。

今、注目のOKWaveに関する最新情報はこちらです。

一般的に、ICカードを使用するタイプよりも紙製カードを使用するタイプのほうが導入コストが抑えられる傾向があるため、紙製カードを使うタイムレコーダーの需要はおとろえていません。

Copyright (C) 2016 勤務状況の把握に役立つタイムレコーダー All Rights Reserved.